オセアニアレシオとは?オセアニア通貨を利用したサヤ取り

無理せず、努力せず、頑張らずにお金をドーンと増やしたいですよね。そんな方法って、詐欺みたいな話ばかりだから本当にあるの?と疑って当たり前だと思います。

実は資金効率が高いFXを利用すれば、意外と簡単に利益を積み上げる方法があります。ここではその方法を解説します。

その方法は「オセアニアレシオ」というものを使います。過去の規則性を知り、それを使うだけで意外と簡単にお金を増やすことができます。しかも誰でも。

お金を増やしたいけど、今さら努力したくない、頑張りたくない、時間を掛けたくない、できればリスクも取りたくないという方に向いている資金運用です。

オセアニアレシオって何?

「オセアニアレシオ」という言葉を聞いたことはありますか?検索しても多分出てこないと思います。なぜなら造語だからです。

オセアニアは、

一般的な解釈では、オーストラリア大陸、ニュージーランドを含むポリネシア、ニューギニアを含むメラネシア、そしてミクロネシア全体を指します。狭義にはオーストラリア大陸を含めません。

また、最も広く解釈すると太平洋上の陸地のすべてを指して使われます。この解釈では日本、台湾、フィリピン、インドネシアおよび、ハワイ州、ガラパゴス諸島、イースター島、アリューシャン列島まで含まれますが、一般的ではありません。

六大州中最小の州であり、その小さな陸地面積のうちオーストラリア大陸が86%を占め、さらに島々の中で最も大きなニューギニア島とニュージーランドを含めると98%にもなります。

残りは、太平洋の中に点在する小さな島々であり、それがオセアニア(大洋の州)との州名の由来にもなっています。オセアニアの人口は約3567万人です。

下記はオセアニア諸国とその首都です。オセアニアレシオは、オセアニアの主要2大国であるオーストラリアとニュージーランドの通貨を使った指数になります。

オーストラリアとニュージーランドといえば、2019年秋に日本で開催されるラクビーワールドカップにも出場するラクビー先進国ですよね。前回ラクビー日本代表が躍動したイングランド大会は2015年でした。

早いですね。ちなみに過去2大会はニュージーランドが優勝しています。

 オセアニアレシオは豪ドル円÷NZドル円の指数です。 

下記はその指数をグラフ化したものです。2011年をピークに2014年には一旦1.0を割れそうになりましたが、割れませんでした。これをどうやってお金を増やすために使うかを具体的に示します。

同レシオでとても大事なことは、過去10年以上、豪ドル円が常にNZドル円以上で推移しているということです。豪ドル円がいつもNZドル円より高いということがとても大事なことなんです。

この規則性をフル活用すれば、誰でも意外と簡単に利益を上げられます。

オセアニアレシオを使ってどうやってお金を増やすのか?その1

オセアニアレシオを使ってお金を増やす方法は超簡単です。1秒で完結します。

同レシオが1.05近辺のときに、FXで 豪ドル円を買い、NZドル円を売る だけです。これで終わり!That`s All!もう一度言います。FXで豪ドル円を買い、NZドル円を売るだけです。

これが出来たら、後はレシオが1.1以上になるのを待つだけ。唯一することと言えば、レシオがいくつになるか割り算するぐらいです。でもこんなことも特にする必要はありません。

何となく損益を見ていれば、レシオが上昇下降しているか分かるはずです。どうですか?簡単じゃありませんか?FX経験者であれば、これならできると100人中100人が思われるはずです。

オセアニアレシオを使ってどうやってお金を増やすのか?その2

 豪ドル円を買い、NZドル円を売る という意味が分からないという方も中にはおられると思いますので解説します。

FXという言葉を聞いたことある方も多いはずです。FXとは外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引と同義)のことで、外貨投資のひとつです。

英語では、外国為替を「Foreign eXchange」と言います。そこからFとXを取って、「FX」と呼ばれるようになりました。FX=外国為替保証金取引です。

「お金を買って、お金を売る」ことがFX。世界中にはたくさんの国があり、それぞれ独自のお金を使用しています。

このFXを使って、豪ドル円を買う一方、NZドル円を売ります。
上記グラフを見る限り、豪ドル円もNZドル円も同じように推移していることが分かると思います。同じような値動きをする中、片方を買い、片方を売るということは、片方が利益になり、もう片方が損するということです。

つまり、あなたが仕掛けたレシオより、オセアニアレシオ=豪ドル円÷NZドル円が上昇すれば、利益と損失の差額はプラス!反対に、下降すればマイナスとなります。

もう一度オセアニアレシオの推移を見てみましょう。

過去10年間以上、オセアニアレシオは、1.0~1.35ぐらいで推移しています。過去10年間以上、同レシオが1.0を下回ったことはありません。

だから、この規則性を使って資産運用を行えば、誰でも意外と簡単にお金を増やすことができるのです。

具体的には、レシオ1.0~1.05において、FXで 豪ドル円を買い、NZドル円を売る だけです。

オセアニアレシオを使ってどうやってお金を増やすのか?その3

オセアニアレシオがちょっと分かりづらいなと思われる方は、豪ドル円とNZドル円の差額を見れば一目瞭然です。下記は、豪ドル円-NZドル円の差額をグラフ化したものです。

過去10年以上、豪ドル円はNZドル円より高い値段、レートで推移していますので、差額がマイナスになったことは一度もありません。オセアニアレシオ同様に、差額が縮まれば、そのうち拡大することにお気づきだと思います。

つまり、同差額が0~5円のときに、FXで 豪ドル円を買い、NZドル円を売るというサヤ取りを行い 、後は差額が10円ぐらいまで拡大するのを待つだけです。

過去4、5年間を見る限り、同差額が拡大しても10円前後ですが、過去には20円を超えたこともありますので、大きな値幅も期待できます。

 FXは、例えば、豪ドル円が上がる、下がるを予測して売り買いし、利幅を稼ぐ資金運用です。この予測という行為が難しいため、多くの方々が失敗します。また、例え予測が正しくても、資金管理を誤れば成功しません。

しかし、このサヤ取りを行えば、予測も資金管理も不要だから、誰でも簡単にお金を増やすことができるのです。 

いくらぐらい儲かるの?

オセアニアレシオを使った資産運用では、資金が5倍、10倍になることはありません。

しかしレシオが低い、差額が小さいときに仕込めば、確実にお金は増えます。具体的な数字を見ていきましょう。損益計算がしやすいように、ここでは差額を使って解説します。

例えば、豪ドル円とNZドル円の差額が4円のとき、豪ドル円78円、NZドル円が74円のときに、 豪ドル円を買い、NZドル円を売る と、差額が5円になれば、単純に利益は1円、差額が10円になれば、利益は6円です。 もちろん差額が縮小して損失を被ることもありますが、そんなときは待っていればいいだけなのでとても安心です。 

利益1円のとき(例えば差額4円が5円になった場合)の儲けは、

豪ドル円1万通貨、NZドル円1万通貨で1万円
豪ドル円10万通貨、NZドル円10万通貨で10万円
豪ドル円100万通貨、NZドル円100万通貨で100万円
豪ドル円1,000万通貨、NZドル円1,000万通貨で1,000万円

利益5円のとき(例えば差額4円が9円になった場合)の儲けは、

豪ドル円1万通貨、NZドル円1万通貨で5万円
豪ドル円10万通貨、NZドル円10万通貨で50万円
豪ドル円100万通貨、NZドル円100万通貨で500万円
豪ドル円1,000万通貨、NZドル円1,000万通貨で5,000万円

2019年1月3日のフラッシュクラッシュみたいな急落や為替介入みたいな急騰があっても全然平気です。なぜなら、豪ドル円とNZドル円の方向性はほぼ同じだからです。

豪ドル円が78円、NZドル円が74円のときの必要保証金は、

豪ドル円1万通貨→78円×1万通貨×0.04(レバレッジ25倍)=31,200円
NZドル円1万通貨→74円×1万通貨×0.04(レバレッジ25倍)=29,600円 合わせて60,800円
※レートが変われば保証金も変わります。

これを1セット(豪ドル円1万通貨/NZドル円1万通貨)とすると、

10セット(豪ドル円10万通貨/NZドル円10万通貨)であれば、60.8万円が運用資金として最低必要です。

100セット(豪ドル円100万通貨/NZドル円100万通貨)であれば、608万円が運用資金として最低必要です。

1,000セット(豪ドル円1000万通貨/NZドル円1000万通貨)であれば、6,080万円が運用資金として最低必要です。

※ギリギリの運用でも問題ありませんが、口座維持率が120%以上あれば安心です。

オセアニアレシオ運用のメリット・デメリット

オセアニアレシオ運用は、割り算、引き算ができれば誰でもできます! 条件が揃うこと、レシオ、差額の拡大を気長に待てる人に向いています。 

<メリット>
*通貨価格が上がる下がるという予測が不要
*テクニカルやファンダメンタルズ分析が不要
*時間が全く掛からない
*スマホやガラケーがあればOK
*経済やニュースに疎くても問題なし
*リスクが小さい
*頑張らなくていい

<デメリット>
*スリルが無い
*待つのが退屈
*5倍、10倍になることが無い
*自分の知識、経験が活用できない
*スワップ金利の支払いが気になる

まとめ

 FXは、例えば、豪ドル円が上がる、下がるを予測して売り買いし、利幅を稼ぐ資金運用です。この予測という行為が難しいため、多くの方々が失敗します。また、例え予測が正しくても、資金管理を誤れば成功しません。

しかし、このオセアニアレシオ、あるいは差額を使えば、予測も資金管理も不要だから、誰でも簡単にお金を増やすことができるのです。 

 

あなたがやることは以下3つです。

1、FXができる取引口座にお金を入れる
2、オセアニアレシオ1.0~1.05か、差額0~5円という条件を待つ
3、上記条件が揃えば、資金に応じて、豪ドル円買い/NZドル円売りを仕掛ける
※FXができる取引口座がない場合は早々に作りましょう。

過去の規則性を知り、それを使うだけでお金を増やすことができます。しかも誰でも。お金を増やしたいけど、努力したくない、頑張りたくない、時間を掛けたくない、できればリスクも取りたくないという方に向いている資金運用です。

追記、本記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます。FXをやったことのある方はお気づきだと思いますが、オセアニアレシオはAUDNZDという通貨になります。下記がそのチャートです。

AUDNZDという通貨を取引できる会社を探して、トレードしてもいいのですが、これだと普通のFXトレードになってしまうため、予測とか、ファンダ、テクニカル分析とかが必要なってきます。

また、当たり前ですが、損益が常にプラスかマイナスになるため、細かいチェックや資金管理も求められます。

 このような煩わしいことを無しにしてくれるのが、「豪ドル円買い/NZドル円売り」というやり方です。両通貨ともに円絡みの通貨になるため、結局は同じ方向へ動きます。

つまり、どっちかがプラス、そしてどっちかがマイナスになるということです。これが大事なんです。 

 

AUDNZDという通貨を取引していると、FXトレードの取引画面に表示される損益はプラスかマイナスかのどちらかになるので、マイナスになればもちろん不安ですが、プラスになったらなったで、いつ決済して利益を確定しようかと悩んでしまいます。

しかし、「豪ドル円買い/NZドル円売り」というポジションを持っていると、両通貨ともに同じ方向へ動くため、片方がプラスで片方がマイナスとなり、そんなに神経質にならずに運用を続けられます。

仕掛けた時の「豪ドル円買い/NZドル円売り」のポジションの値幅が、8円とか9円であれば、かなり不安になるかもしれませんが、2円台、3円台以下であれば、かなり余裕をもって、縮小したものは拡大するから安心という具合で待っていられると思います。

だから、豪ドル円-NZドル円の値幅が、3円台以下になることをじっくり待ち、その時が来たらしっかり「豪ドル円買い/NZドル円売り」ポジションを仕込めるように準備だけ整えておきましょう。